2006年08月27日

スクウェアさん。

ドラクエ1をクリアしました。千鳥足です、こんばんわ。

pic0827.JPG


忙しない今の時代、一日で終わるRPGというのはかえって売れる気がしてきました。


先日からドラクエの話題ばかり書いてきましたが、千鳥足はアンチFFというわけではありません。

むしろ総時間ではFFの方がはるかに上回るのですが、だからといってFFの方が好きかと問われれば微妙な所でして、そもそもそんなことは誰も問わないんでしょうけどそんな感じで両作品とも愛しております。



ファイナルファンタジー第1作目(以下FF1と表記)は1987年12月18日に発売されました。

ファイナルというわりに続編が随分出てますねという揶揄もよく耳にしますが、当時のスクウェアさんはゲーム開発があまり上手ではなく、作っても作っても駄作、売っても売っても不作、という今の憎々しい業績からは考えられないほど可哀相な会社でした。


そんなスクウェアさんが「ドラクエみたいなゲームを作ってみたいなぁ」という理想を掲げ、たった4人でスタートしたFF1。

他チームには15名も人員がいたというのに、FF1製作のAチームはわずか4名。
FF1のエンディングのクレジットにスクウェアAチームと表記されているあたり、怨念めいたものを感じます。


「CONTINUE Vol.22(太田出版)」の「『ファイナルファンタジー』を創った男・坂口博信」というインタビューで坂口氏はこう述べています。

当時のスクウェアはチーム制になっていて、僕らは古株だったので、スクウェアAチームと呼ばれていたんです。

・・・<中略>・・・

それで、「もう大学を8年間も留年してるし、ファミコンの3Dゲームもうまくいかないし、次のゲームがダメだったら大学に戻ろう」と思っていました。それが『ファイナルファンタジー』というタイトルに。


大学8年生が大学に戻ったところでどっちにしろ居場所がない気がするのですが、とにかくそんなわけで『俺の最後の物語』というスタッフの個人的感情で付けられたタイトルが今なお全世界で愛され、続編が待望される結果となり、『ファイナル=究極』という見苦しい言い訳まで蔓延ることになりました。


さて、そんなわけで現在では出せばヒット、昔のリメイクも大ヒット、挿入歌すら大ヒットというなんだかおかしな現象を作り出してしまっただけに留まらず、憧れの対象であったエニックスさんすら事実上吸収してしまうほど威力を増したスクウェアさん。

最も過酷な時期であった1987年前後に一体どれほど酷いゲームを作ったのか気になる方も多いのではないのでしょうか。


その当時、千鳥足家には大量のFCソフトがダンボール箱に入っておりました。
大抵のソフトは兄がどこぞから貰ってきたか借りパクしてきたものでして、ソフトの裏面にはサインペンで「村上」などと固有名詞が書かれているものも多々ありました。

今考えると立派な犯罪ですが、当時は「うちにはいっぱいソフトがあるなぁ」なんて呑気に思っていまして、SFC発売と同時にそれらのソフトは全て中古屋に売り払ってしまったことも今では微笑ましい思い出です。


そんなダンボール箱の中にはこのようなソフトも存在しました。

pic0827_1.JPG

ジェイジェイです。

後にネットで調べたところ、『3Dジャンプアクション』という聞いたこともないジャンルであることがわかりました。


発売は1987年12月1日。お察しの通り、FF1発売のわずか半月前に世に出回ったかどうかすら定かではないマイナーソフトです。

拙宅にあったくらいですから、ご存知の方ももちろん大勢いらっしゃるとは思うのですが、千鳥足が「あ、ジェイジェイってスクウェアじゃん!」と気づいたのは高校生の頃だったので、もしかしたらプレイ済みなのにその事実を知らない方もいらっしゃるかもしれません。


このジェイジェイですが。


pic0827_8.JPG

タイトル画面はこんな感じです。
なんとなくSFっぽいようなシューティングっぽいような印象をお受けする方も多いと思います。

実際に始めてみると



pic0827_9.JPG

色使いのセンスに脱帽。

当時、「目に悪そうだなぁ」と思いながらプレイしていたことを思い出します。

結局このゲームの目的はいまだによくわかっておりませんが、とにかく走って走ってジャンプして走って走って走り続けます。

上の画像が狂ったように走りまくる主人公の図です。

そして



pic0827_4.JPG

ジャーンプ!



pic0827_6.JPG

1-4まで進むとドラゴンらしき物体と戦闘。ここへきていきなりシューティング。



pic0827_5.JPG

勝つとファイティングポーズ。やったね☆



pic0827_7.JPG

余韻に浸る暇もなく2-1に突入。前面に勝るとも劣らない素敵配色。




とまぁこんな感じで企画発案者の脳の具合は大丈夫ですかと聞きたくなるようなゲームでして、このようなステージが延々と繰り広げられるのだと思います。

長年保持していたソフトにも関わらず「だと思います」としか言えないのは、いまだにクリアしていないからなのですが、実はこのゲーム、かなり難しいです。

画面の動きが相当早く、主人公めがけてやってくる目玉や火の棒を避けるためにはわりと技術が必要です。
私は反射神経も運動神経も鈍いので4-3までしか見たことがなく、果たして何面まで存在するのかまったくもって謎なゲームです。

クリア経験のある方は是非このゲームの目的はなんだったのかをご一報いただけると長年の疑問が晴らせるので非常に有難いです。


発売時期がFF1と完全にかぶっているので、Aチームの4名が死に物狂いでFF1を開発していた頃に15名もの人員による他チームが暇つぶしに開発したとしか思えないジェイジェイ。

今は同会社になったとはいえ、スクウェアチームさんは命の恩人であるエニックスチームさんをもうちょっと大事にしてほしいと思う千鳥足でした。


posted by 千鳥足 at 21:51| Comment(8) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アクセス数の謎2。

ドラクエ2をクリアしたのでドラクエ1に手を出してみた千鳥足です、こんばんわ。せっかくの休日がゲームと睡眠で埋め尽くされそうです。


さて、昨日から設置した掲示板ですが、3人の方からコメントをいただきました。有難う御座います。
この3名で全アクセス数を占拠なさっていると考えるのはなかなか難しいので、もうちょっと様子を見ることにします。

また、掲示板の方では私のコメントは控えておりますので、この場で返信させていただきます。

●まえうしろ様
無駄に画像が多い当サイトにケータイでアクセスしてくださる勇気に感服です。
重さに耐えながらも訪問したら更新されてなかったというケースも多いと思うので、できればめげないでください。

●アラン様
ほぼ毎日訪問していただけるということで、非常に嬉しい限りでございます。
ガラスの仮面ネタは実は最も手間のかかった日記だったので、このようなコメントをいただけるだけでもう死んでもいい心境です。

●手作りアクセサリーの会様
前ブログのメッセージを見るまで知り合いなのに誰だかわかりませんでした。
ビーズアクセ作りはすっかり飽きて忘れていたのですが、またこの機会に何か作ってみようかなぁと思います。



さてさて、最近コンビニで昔の漫画が売られているのをよく見ます。
安っぽい装丁のわりにお値段がお手ごろではないこのシリーズですが、先日『星の瞳のシルエット』が置かれていたのでついつい購入してしまいました。

通常単行本の1.5巻分ほどの収録で500円です。ブックオフでは5冊手に入る昨今、本当に良い度胸だと思います。

そうはいっても印税が命な漫画家さんにとって、ブックオフで購入した漫画をまたブックオフに売りつけるような流通はまさに生死に関わるのではないかと思いますし、出版社としても昔とった他人の杵柄をフル活用するのは商売の基本形なのだと思います。

実際のところ利益があるのか、それ以前に元が取れるのかが微妙に心配ですが。


そんなわけで十数年振りに読み返してみた『星の瞳のシルエット』。

昔の少女漫画はツッコミ所が多い作品が多いので期待して読み始めたのですが、思いもよらずストーリーに夢中になってしまいそれどころじゃありませんでした。

続きがとても気になるのでブックオフで続きを購入したいのですが、そうなると巻の途中からサイズも形態も変わる状態で保持することとなってしまうので、頑張って一ヵ月後の発売を待つことにします。

この発刊ペースの遅さに何の意味があるのか良くわからないというか続きが読みたくて古本を買いにいく読者を増やしているだけな気もするのですが、なんだかんだ言っても結局一ヶ月待ってまんまと出版社の思惑通りに動く私のような人種がいる限り、この商売はなくならないのかもしれません。

そんなことはどうでも良いですが、もうちょっと安く早く提供していただきたいと願う千鳥足でした。
posted by 千鳥足 at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。