2006年08月22日

DQ2。

友人舌足らず嬢がご自身のHPでさっそくリンク紹介文を書いてくれました。

8/17の日記で賞賛しましたけれど、最近脱ニートした彼女の
このブログが妙に冴えてて面白い。
彼女の文章とは結構長いお付き合いですけれども、
今までの中で一番好きだな。
本人はちゆちゆ言ってますが正直そこまで反映されてない
ところも彼女らしくてとてもよいと思います。本当にいい意味で。


長い付き合いのわりに相変わらず褒められてんだか褒められてないんだかいまいちよくわかっていませんが、舌足らず嬢どうも有難う御座います。おかげ様でクインテットからお客様が10名ほどいらっしゃいました。これからも頑張って宣伝してください。

そんなわけで千鳥足です、こんばんわ。






千鳥足は今



pic0822.JPG


テパの町に居ます。




時代錯誤も甚だしい感じで生活してますが、皆様お元気ですか。千鳥足は今日も二次元の世界でかろうじて生きてます


さて、ドラゴンクエスト2といえば1987年に発売され、後のドラクエブームの火付け役というか火起こし的な役割となったゲームです。


今から19年前の1987年。

世間ではJRがスタートし、東京高裁のロッキード裁判で田中角栄氏に懲役4年の判決が下り、瀬川瑛子さんの命くれないが大ヒット「地上げ屋」「ボディコン」が流行語となり、トニー谷氏がお亡くなりになった年でした。

千鳥足は右も左もわからないピカピカの小学一年生だったとはいえ、命くれないの大ヒットが全く記憶になく、残念でなりません


そんなことはさて置き、当時の小学生や駄目な大人達ふっかつの呪文を地道にノートに書き写したドラクエ2

急いで書き写したせいで「ぬ」なのか「め」なのかわからなくなった方も多いと思いますが、私は「び」と「ぴ」を写し間違えてたびたび兄に怒られたことをいまだに夢にみます。


一年後に発売されたドラクエ3の爆発的なヒットのおかげですぐに下火になってしまいましたが、当時はセーブ機能もなく、ルーラも1つの町にしか戻れず、事あるごとにお亡くなりになるサマルトリアの王子に苛立ちながらも、その難易度の高さに魅了された方々に愛されている素晴らしいゲームです。

ファンにすらサマルトリアの王子の存在は不要と言われ、 「 中途半端で使えないキャラ」を表す形容詞としてたびたび使用される彼ですが、高屋敷英夫氏の小説ドラクエ2では相当性格が悪くムーンブルク王女に恋するあまりローレシアの王子と非常に仲が悪いという昼ドラ的メロドラマなども描かれていますので、興味のある方は是非一度お手に取ってみてはいかがでしょうか。


そんなドラクエ2はゲーム音楽の評価も高く、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団にも演奏されていたり、「なんで『Love Song 探して』の牧野アンナ版がサントラに入ってないんだよー!」とご立腹になるコアなファンもいらっしゃるほどです。
私個人としてもドラクエ2の楽曲はどれも良いと思い、サントラを買うかどうか悩む程度に好んでいます。


また、wikiには

開発段階において、シドーをサマルトリア王子がメガンテで倒した場合、ローレシア王子をサマルトリア王子の妹が短剣で切りつける…というイベントが考えられていた、という噂がある(あまりに暗すぎるシナリオのため没になったとされる。なお、実際に発売されたゲームではシドーにメガンテは効かない)。


という情報も記載されていまして、もしこの案が実際に採用されていたら2chあたりで伝説的な扱いをされたのではないかと若干残念に思う今日この頃です。


そんなわけで私の中では3より評価の高いドラクエ2。
今からロンダルキアへの洞窟に旅立ちます。
posted by 千鳥足 at 23:05| Comment(0) | TrackBack(1) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22680439

この記事へのトラックバック

瀬川瑛子反論「広告塔でない」
Excerpt: 演歌歌手の瀬川瑛子が、出資法違反の疑いが持たれている資産運用会社「キングダム トラスト ニューヨーク」の広告塔を務めたとの一部報道に対して、24日、所属事務所が反論したそーです。 瀬川音楽事務所による..
Weblog: 世界萌え萌え旅日記
Tracked: 2006-08-25 12:24
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。