2006年09月29日

ケルナグール。

ネットって便利だなぁと実感する今日この頃。千鳥足です、こんばんわ。まぁたいしたことには使ってないんですけど。


ケルナグールというゲームをご存知ですか。

ジェイジェイよりは知名度が高いかなというレベルで売れたこのゲームは、1989年7月21日にナムコより発売されました。


1989年といえば「川の流れのように」が大ヒットし、天安門事件が起こったり消費税がスタートしたり、元号が昭和から平成に変わった年でもあります。

なんといっても昭和天皇がお亡くなりになったニュースが飛び交う中、テレビ東京だけが何事もなかったかのようにムーミンを放送していた歴史的な年でした。

そんな時代に生まれたケルナグールですが、アクションRPGというなんとも中途半端なジャンルだったため、このゲームの説明をしようとすると大抵の人に「スーパーチャイニーズ?」と間違われました。まぁぶっちゃけあんな感じのゲームです。

さてさてこのケルナグール。
貧弱な主人公が武者修行の旅にでて伝説拳士タオタイラ−を倒す、というストーリーなのですが

pic0628_1.JPG

画面的にはドラクエ2と桃太郎伝説を足して2で割ったような感じ

道を歩いている限り敵とは遭遇せず、平地や林の中でケンシ(拳士?)や山賊と戦うことができ、勝利するとHPが上がります。8割程度の確率で戦闘回避できるあたり、軟弱ゲーマー向きかもしれません。


ちなみにプレイ当初は

pic0628_2.JPG

HPがたったの10しかない上、左右に歩くこととパンチしか能のない主人公。おそらくリアルバトルをしたら私でも勝てます

こんな調子では修行が終わる頃にはおじいちゃんになってしまいますので、技を覚えるために寺回りをします。

pic0628_5.JPG

勝ったのでしゃがむことができるようになりました。なんとなく人間に近づけた気がします。

ちなみにこの「しゃがむ」は

pic0628_6.JPG

普通にダメージ食らいますので今からプレイする方はご注意を。

そんなこんなで技を覚えていき、「上段肘打ち」や「飛び膝蹴り」、「中段肘打ち」などをマスターします。


技は全部で26もあるので当時のゲームにしてはかなり最先端な作りだったと思います。

とはいってもコントローラーは上下左右とA・Bボタンしかないので、出そうと思って出せる技は3つくらいしかなく、プレイヤーも予期せぬ場面でうっかり締め技や頭突きを出してしまいます。

スト2でいうところの波動拳を出そうとして敵から離れたのに昇竜拳が出てしまった時のせつなさに似ているかもしれません。


さてさて、このゲームの一番の魅力は「おつかい」シナリオです。

まず、主人公はアイテムを一つしか持てません。

pic0628_7.JPG

お金も立派なアイテムの一つです。

お金を持ってお店に入ると物が買えるので、それらのアイテムを上手く使っていろんな人から技を覚えます。

たとえば

「セキサの村で赤い砂を買って来い」と言われ、買ってくると

「チンスイケイの村で藍色の染料を買って来い」と言われ、買ってくると

「シーハイの町で米を買って来い。」と言われ、買ってくると

「ホイシャンの町でスッポンを買って来い。」と言われ、買ってくると

「米がまずいので、川向こうのシシュンから米をもらって来い。」と言われ、もらってくるとヒエンキャクというジャンプキック技を教えてもらえます。

ちなみに文章で書いたので3分程度の工程で済みましたが、このゲームはマップがとても広くてわかりづらいので、方向音痴な人はこのおつかいイベントをクリアするのに相当時間がかかります。
私がリアルタイムでプレイしたころはネットも攻略本もなかったので、このイベントは2日がかりの大仕事となりました。

ちなみにこのヒエンキャクだけで全ての敵を倒せるので、他のイベントの重要度はかなり低いです。



そんなこんなで主人公を育てていきますと、

pic0628_9.JPG

プレイ当初はジャンプすらできなかった主人公が劇的な強さに。

ドラクエの「ちからのたね」のような補助アイテムもあるので、飛び蹴り一発で100近くのダメージを与えられるようになり、リアルバトルをしたら間違いなく内臓破裂です。


このケルナグール、千鳥足的には相当ヒットしたゲームでして、未プレイの方には是非お試しになってほしいと思う今日この頃です。


ここまで話を広げておいてなんですが、うまくオチがつけられなかったのでこのへんで。
posted by 千鳥足 at 00:56| Comment(4) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
伝説のゲーム『ケルナグール』ですね!!!
すごいです!!!!
あれは、途中でデータぶっ飛びました。
そこそこ強かったんですけどねぇ・・・・。
Posted by コジコジ at 2006年10月01日 20:50
お久しぶりです。

名前しか知らなかった「ケルナグール」。
こんなゲームなのか。確かに面白そう。

拳法関係のゲームといえば、
ファミコンでもっとも記憶に残っているのが、「カラテカ」というソフトです。

「構え」をしないで敵に攻撃をくらうと一撃でやられるという、伝説のゲームです。
「構え」をしない状態でAかBを押すと「お辞儀」ができる、等、つっこみどころ満載で、ク○ゲーの誉れ高いのでご存知かもしれませんね。

実家では今でもソフトが兄貴の手により大事に保管されています(多分)。

ちなみに私はクリアーしました。
Posted by こぺぺ at 2006年10月02日 01:45
◆コジコジ様
まさしく伝説のゲームですね!
攻略もマップも不案内ですし、昔のゲームはやっぱりやりこんだ感があって好きです。
データがふっとんだということは、プレイ途中でソフトがイカれたのでしょうか・・・もしくはパスワードを間違ってメモったか・・・なんにしてもご愁傷様です(笑)

◆こぺぺ様
カラテカ!
やはり憲法系の昔のゲームといえば、こちらを思い出される方も多いですね。
うちにもカセットがありました。でも未プレイです・・・。
Posted by 千鳥足。 at 2006年10月04日 22:29
我が家からちょいと西南にいった所にある
4ブロック分の湖(?)の左下部分で
アイテムとしてタオの実が手に入るんですが(キントウン必須)、、
何に使えるんですかね??
Posted by タオタイラー at 2010年02月03日 16:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24588125

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。