2006年09月29日

ケルナグール。

ネットって便利だなぁと実感する今日この頃。千鳥足です、こんばんわ。まぁたいしたことには使ってないんですけど。


ケルナグールというゲームをご存知ですか。

ジェイジェイよりは知名度が高いかなというレベルで売れたこのゲームは、1989年7月21日にナムコより発売されました。


1989年といえば「川の流れのように」が大ヒットし、天安門事件が起こったり消費税がスタートしたり、元号が昭和から平成に変わった年でもあります。

なんといっても昭和天皇がお亡くなりになったニュースが飛び交う中、テレビ東京だけが何事もなかったかのようにムーミンを放送していた歴史的な年でした。

そんな時代に生まれたケルナグールですが、アクションRPGというなんとも中途半端なジャンルだったため、このゲームの説明をしようとすると大抵の人に「スーパーチャイニーズ?」と間違われました。まぁぶっちゃけあんな感じのゲームです。

さてさてこのケルナグール。
貧弱な主人公が武者修行の旅にでて伝説拳士タオタイラ−を倒す、というストーリーなのですが

pic0628_1.JPG

画面的にはドラクエ2と桃太郎伝説を足して2で割ったような感じ

道を歩いている限り敵とは遭遇せず、平地や林の中でケンシ(拳士?)や山賊と戦うことができ、勝利するとHPが上がります。8割程度の確率で戦闘回避できるあたり、軟弱ゲーマー向きかもしれません。


ちなみにプレイ当初は

pic0628_2.JPG

HPがたったの10しかない上、左右に歩くこととパンチしか能のない主人公。おそらくリアルバトルをしたら私でも勝てます

こんな調子では修行が終わる頃にはおじいちゃんになってしまいますので、技を覚えるために寺回りをします。

pic0628_5.JPG

勝ったのでしゃがむことができるようになりました。なんとなく人間に近づけた気がします。

ちなみにこの「しゃがむ」は

pic0628_6.JPG

普通にダメージ食らいますので今からプレイする方はご注意を。

そんなこんなで技を覚えていき、「上段肘打ち」や「飛び膝蹴り」、「中段肘打ち」などをマスターします。


技は全部で26もあるので当時のゲームにしてはかなり最先端な作りだったと思います。

とはいってもコントローラーは上下左右とA・Bボタンしかないので、出そうと思って出せる技は3つくらいしかなく、プレイヤーも予期せぬ場面でうっかり締め技や頭突きを出してしまいます。

スト2でいうところの波動拳を出そうとして敵から離れたのに昇竜拳が出てしまった時のせつなさに似ているかもしれません。


さてさて、このゲームの一番の魅力は「おつかい」シナリオです。

まず、主人公はアイテムを一つしか持てません。

pic0628_7.JPG

お金も立派なアイテムの一つです。

お金を持ってお店に入ると物が買えるので、それらのアイテムを上手く使っていろんな人から技を覚えます。

たとえば

「セキサの村で赤い砂を買って来い」と言われ、買ってくると

「チンスイケイの村で藍色の染料を買って来い」と言われ、買ってくると

「シーハイの町で米を買って来い。」と言われ、買ってくると

「ホイシャンの町でスッポンを買って来い。」と言われ、買ってくると

「米がまずいので、川向こうのシシュンから米をもらって来い。」と言われ、もらってくるとヒエンキャクというジャンプキック技を教えてもらえます。

ちなみに文章で書いたので3分程度の工程で済みましたが、このゲームはマップがとても広くてわかりづらいので、方向音痴な人はこのおつかいイベントをクリアするのに相当時間がかかります。
私がリアルタイムでプレイしたころはネットも攻略本もなかったので、このイベントは2日がかりの大仕事となりました。

ちなみにこのヒエンキャクだけで全ての敵を倒せるので、他のイベントの重要度はかなり低いです。



そんなこんなで主人公を育てていきますと、

pic0628_9.JPG

プレイ当初はジャンプすらできなかった主人公が劇的な強さに。

ドラクエの「ちからのたね」のような補助アイテムもあるので、飛び蹴り一発で100近くのダメージを与えられるようになり、リアルバトルをしたら間違いなく内臓破裂です。


このケルナグール、千鳥足的には相当ヒットしたゲームでして、未プレイの方には是非お試しになってほしいと思う今日この頃です。


ここまで話を広げておいてなんですが、うまくオチがつけられなかったのでこのへんで。
posted by 千鳥足 at 00:56| Comment(4) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月01日

プリンセスメーカー。

明日も出勤千鳥足です、こんばんわ。花の金曜日が台無しです。



一昨日・昨日は日記も書かずに何をしていたのかというと


pic0901_01.JPG


プリンセスメーカーをプレイしてました。

プリンセスメーカーというのは、娘にアルバイトや習い事をさせて一人前のプリンセスにさせるという育成ゲームです。

ときメモとの違いは微妙なところでして、恋愛要素が入っていないだけなのにも関わらず『恋愛シュミレーション』と『育成シュミレーション』にジャンル分けされるあたりでしょうか。なんにしてもいい大人がやるのはちょっと恥ずかしいゲームであることは同じです。


さて、このプリメですが、発売当初はめずらしいジャンルだったため記録的大ヒットとなり、「全国的に未婚の父が急増」と言われたほどでもあります。少子化に悩まされる今、そんな大人達が増えたことに原因があるような気がするのですが。


それはさておき、このゲームにはさまざまなパラメータが用意されています。

pic0901_02.JPG


家庭教師のバイトをさせれば知能やモラルが上がり、料理屋でバイトをすれば料理や家事評価が上がります。

大抵のアルバイトは色気が下がってしまうので、そんな時は可愛い一人娘に夜のお勤めをしてもらうことになります。


この画面をご覧いただければわかる通り、戦士評価や戦闘技術など、プリンセスでなくとも、人として生きていく限り全く必要のないパラメータなどもあり、これらは娘に武者修行をさせることで値が上がっていきます。

とはいえライオンの子じゃあるまいし、可愛い子にはもうちょっとヘビーではない愛情を注いだ方が良いんじゃないかなぁなんて他人事ながら余計な心配をしてしまう今日この頃です。


最終的に、全パラメータ値の上がり具合によって娘の職業が決まるのですが、一昨日・昨日とプリンセスにすることを夢みて手塩にかけた娘はあっさり商人の元へ嫁いでしまいました。

26歳・女の身でありながら、娘を嫁がせる切なさを実感することができ、寂しく思いながらも一つ大人になれた気がします。


なんにしても『ときメモ』『プリメ』と続けてプレイしたので、しばらく育成ゲームからかけ離れた生活が送りたいと思った千鳥足でした。
posted by 千鳥足 at 21:56| Comment(0) | TrackBack(1) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月29日

ときめきメモリアル。

金欠で笑いが止まりません。千鳥足です、こんばんわ。実家でなければ確実に死んでます。


まずは掲示板の返信から。

●しちゃちゃらず様
これからも頑張って1日75回カウンタを回してください。
ブログは本当に便利な媒体ですねぇ。カテゴリ別自動仕分け機能が特にナイス。
私も結婚式楽しみですにゃー。


●コジコジ様
コメント有難う御座います。
mixiでも楽しいコメントをたくさんいただきましたし、本当に嬉しい限りです。
『トムソーヤの冒険』はおそらく未プレイだと思うので、近々やってみようと思います。



さて。

ドラクエもクリアしてしまったので、なにか懐かしいゲームはないかなぁと思い、なんとなくSFC版『ときめきメモリアル』に手を出してみたらクリアするまで4時間かかってしまい、社会人が週初めにやるゲームじゃないなと軽く後悔しました。


ときめきメモリアルといえば、ギャルゲーの代名詞としてその筋に全く興味のない一般人にまで知られている伝説のゲームです。


総勢13人もの女の子達と健全なお付き合いをする不健全な主人公が、高校三年間を経て伝説の樹の下で告白されることを期待して勉強に運動に芸術に雑学に燃えます。

流行に敏感なあの子と仲良くなるためには雑談を、マッドサイエンティストのあの子と仲良くなるためには理数系の勉強を、それぞれ励むわけです。

現実では「あの人絵が上手で素敵☆」なんてのは容姿がそれなりに整っていること前提ですが、このゲームの最大のポイントはプレイヤーの容姿がまるで反映されないのにも関わらず、なんだか自分まで褒められているような錯覚を起こせるところではないでしょうか。

また、1人に絞って親密になろうとしても、他の女の子を冷たくすることで何故か女子全員から嫌われるという不可思議な世界でもあります。
パレンタインデーには「他の子からチョコ貰ってもいいけど、食べちゃ駄目だからね☆」といった独占欲にまみれたコメントも発しますし、「男子たるもの紳士であれ。だがその中で私を選べ」といった随分ご都合主義な女子達が魅力的に描かれています。


そんなときメモですが、1996年に発売されたセガサターン版では主人公が意中の女の子に告白ができるという素晴らしいシステムが導入されました。

主人公の幼馴染で全男子生徒の憧れ的存在である藤崎詩織に告白する場合、主人公のパラメータが低いと「あなたと幼馴染っていうだけでも嫌なのに」と断られる歴史的瞬間にたちあえますが、こんなのときメモじゃないと訴えるファンが多かったらしく、以降の移植ときメモはすべてこの機能がなかったことにされました。


また、ときめきメモリアルドラマシリーズという、キャラクターの1人をピックアップした派生ゲームも大ヒットし、ドラマシリーズ第1作目の『虹色の青春』は私もマジ泣きしながらプレイしたことを思い出します。

このドラマシリーズはファンの間で賛否両論ですが、本編よりも高く評価するファンも多く、中にはこんな妄想をする方までいらっしゃいます。

さらにこのサイト管理者様は『どよめきメモリアル』という脳内ゲームを企画され、留年制や3年間リアルタイム制などの素敵な案も出されています。興味のある方はこちらへどうぞ。
強い要望をアピールすれば、同人ゲームとして実現するかもしれません。

個人的には朝日奈さんのドラマシリーズを商品化してほしい千鳥足でした。
posted by 千鳥足 at 23:52| Comment(3) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月27日

スクウェアさん。

ドラクエ1をクリアしました。千鳥足です、こんばんわ。

pic0827.JPG


忙しない今の時代、一日で終わるRPGというのはかえって売れる気がしてきました。


先日からドラクエの話題ばかり書いてきましたが、千鳥足はアンチFFというわけではありません。

むしろ総時間ではFFの方がはるかに上回るのですが、だからといってFFの方が好きかと問われれば微妙な所でして、そもそもそんなことは誰も問わないんでしょうけどそんな感じで両作品とも愛しております。



ファイナルファンタジー第1作目(以下FF1と表記)は1987年12月18日に発売されました。

ファイナルというわりに続編が随分出てますねという揶揄もよく耳にしますが、当時のスクウェアさんはゲーム開発があまり上手ではなく、作っても作っても駄作、売っても売っても不作、という今の憎々しい業績からは考えられないほど可哀相な会社でした。


そんなスクウェアさんが「ドラクエみたいなゲームを作ってみたいなぁ」という理想を掲げ、たった4人でスタートしたFF1。

他チームには15名も人員がいたというのに、FF1製作のAチームはわずか4名。
FF1のエンディングのクレジットにスクウェアAチームと表記されているあたり、怨念めいたものを感じます。


「CONTINUE Vol.22(太田出版)」の「『ファイナルファンタジー』を創った男・坂口博信」というインタビューで坂口氏はこう述べています。

当時のスクウェアはチーム制になっていて、僕らは古株だったので、スクウェアAチームと呼ばれていたんです。

・・・<中略>・・・

それで、「もう大学を8年間も留年してるし、ファミコンの3Dゲームもうまくいかないし、次のゲームがダメだったら大学に戻ろう」と思っていました。それが『ファイナルファンタジー』というタイトルに。


大学8年生が大学に戻ったところでどっちにしろ居場所がない気がするのですが、とにかくそんなわけで『俺の最後の物語』というスタッフの個人的感情で付けられたタイトルが今なお全世界で愛され、続編が待望される結果となり、『ファイナル=究極』という見苦しい言い訳まで蔓延ることになりました。


さて、そんなわけで現在では出せばヒット、昔のリメイクも大ヒット、挿入歌すら大ヒットというなんだかおかしな現象を作り出してしまっただけに留まらず、憧れの対象であったエニックスさんすら事実上吸収してしまうほど威力を増したスクウェアさん。

最も過酷な時期であった1987年前後に一体どれほど酷いゲームを作ったのか気になる方も多いのではないのでしょうか。


その当時、千鳥足家には大量のFCソフトがダンボール箱に入っておりました。
大抵のソフトは兄がどこぞから貰ってきたか借りパクしてきたものでして、ソフトの裏面にはサインペンで「村上」などと固有名詞が書かれているものも多々ありました。

今考えると立派な犯罪ですが、当時は「うちにはいっぱいソフトがあるなぁ」なんて呑気に思っていまして、SFC発売と同時にそれらのソフトは全て中古屋に売り払ってしまったことも今では微笑ましい思い出です。


そんなダンボール箱の中にはこのようなソフトも存在しました。

pic0827_1.JPG

ジェイジェイです。

後にネットで調べたところ、『3Dジャンプアクション』という聞いたこともないジャンルであることがわかりました。


発売は1987年12月1日。お察しの通り、FF1発売のわずか半月前に世に出回ったかどうかすら定かではないマイナーソフトです。

拙宅にあったくらいですから、ご存知の方ももちろん大勢いらっしゃるとは思うのですが、千鳥足が「あ、ジェイジェイってスクウェアじゃん!」と気づいたのは高校生の頃だったので、もしかしたらプレイ済みなのにその事実を知らない方もいらっしゃるかもしれません。


このジェイジェイですが。


pic0827_8.JPG

タイトル画面はこんな感じです。
なんとなくSFっぽいようなシューティングっぽいような印象をお受けする方も多いと思います。

実際に始めてみると



pic0827_9.JPG

色使いのセンスに脱帽。

当時、「目に悪そうだなぁ」と思いながらプレイしていたことを思い出します。

結局このゲームの目的はいまだによくわかっておりませんが、とにかく走って走ってジャンプして走って走って走り続けます。

上の画像が狂ったように走りまくる主人公の図です。

そして



pic0827_4.JPG

ジャーンプ!



pic0827_6.JPG

1-4まで進むとドラゴンらしき物体と戦闘。ここへきていきなりシューティング。



pic0827_5.JPG

勝つとファイティングポーズ。やったね☆



pic0827_7.JPG

余韻に浸る暇もなく2-1に突入。前面に勝るとも劣らない素敵配色。




とまぁこんな感じで企画発案者の脳の具合は大丈夫ですかと聞きたくなるようなゲームでして、このようなステージが延々と繰り広げられるのだと思います。

長年保持していたソフトにも関わらず「だと思います」としか言えないのは、いまだにクリアしていないからなのですが、実はこのゲーム、かなり難しいです。

画面の動きが相当早く、主人公めがけてやってくる目玉や火の棒を避けるためにはわりと技術が必要です。
私は反射神経も運動神経も鈍いので4-3までしか見たことがなく、果たして何面まで存在するのかまったくもって謎なゲームです。

クリア経験のある方は是非このゲームの目的はなんだったのかをご一報いただけると長年の疑問が晴らせるので非常に有難いです。


発売時期がFF1と完全にかぶっているので、Aチームの4名が死に物狂いでFF1を開発していた頃に15名もの人員による他チームが暇つぶしに開発したとしか思えないジェイジェイ。

今は同会社になったとはいえ、スクウェアチームさんは命の恩人であるエニックスチームさんをもうちょっと大事にしてほしいと思う千鳥足でした。
posted by 千鳥足 at 21:51| Comment(8) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月22日

DQ2。

友人舌足らず嬢がご自身のHPでさっそくリンク紹介文を書いてくれました。

8/17の日記で賞賛しましたけれど、最近脱ニートした彼女の
このブログが妙に冴えてて面白い。
彼女の文章とは結構長いお付き合いですけれども、
今までの中で一番好きだな。
本人はちゆちゆ言ってますが正直そこまで反映されてない
ところも彼女らしくてとてもよいと思います。本当にいい意味で。


長い付き合いのわりに相変わらず褒められてんだか褒められてないんだかいまいちよくわかっていませんが、舌足らず嬢どうも有難う御座います。おかげ様でクインテットからお客様が10名ほどいらっしゃいました。これからも頑張って宣伝してください。

そんなわけで千鳥足です、こんばんわ。






千鳥足は今



pic0822.JPG


テパの町に居ます。




時代錯誤も甚だしい感じで生活してますが、皆様お元気ですか。千鳥足は今日も二次元の世界でかろうじて生きてます


さて、ドラゴンクエスト2といえば1987年に発売され、後のドラクエブームの火付け役というか火起こし的な役割となったゲームです。


今から19年前の1987年。

世間ではJRがスタートし、東京高裁のロッキード裁判で田中角栄氏に懲役4年の判決が下り、瀬川瑛子さんの命くれないが大ヒット「地上げ屋」「ボディコン」が流行語となり、トニー谷氏がお亡くなりになった年でした。

千鳥足は右も左もわからないピカピカの小学一年生だったとはいえ、命くれないの大ヒットが全く記憶になく、残念でなりません


そんなことはさて置き、当時の小学生や駄目な大人達ふっかつの呪文を地道にノートに書き写したドラクエ2

急いで書き写したせいで「ぬ」なのか「め」なのかわからなくなった方も多いと思いますが、私は「び」と「ぴ」を写し間違えてたびたび兄に怒られたことをいまだに夢にみます。


一年後に発売されたドラクエ3の爆発的なヒットのおかげですぐに下火になってしまいましたが、当時はセーブ機能もなく、ルーラも1つの町にしか戻れず、事あるごとにお亡くなりになるサマルトリアの王子に苛立ちながらも、その難易度の高さに魅了された方々に愛されている素晴らしいゲームです。

ファンにすらサマルトリアの王子の存在は不要と言われ、 「 中途半端で使えないキャラ」を表す形容詞としてたびたび使用される彼ですが、高屋敷英夫氏の小説ドラクエ2では相当性格が悪くムーンブルク王女に恋するあまりローレシアの王子と非常に仲が悪いという昼ドラ的メロドラマなども描かれていますので、興味のある方は是非一度お手に取ってみてはいかがでしょうか。


そんなドラクエ2はゲーム音楽の評価も高く、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団にも演奏されていたり、「なんで『Love Song 探して』の牧野アンナ版がサントラに入ってないんだよー!」とご立腹になるコアなファンもいらっしゃるほどです。
私個人としてもドラクエ2の楽曲はどれも良いと思い、サントラを買うかどうか悩む程度に好んでいます。


また、wikiには

開発段階において、シドーをサマルトリア王子がメガンテで倒した場合、ローレシア王子をサマルトリア王子の妹が短剣で切りつける…というイベントが考えられていた、という噂がある(あまりに暗すぎるシナリオのため没になったとされる。なお、実際に発売されたゲームではシドーにメガンテは効かない)。


という情報も記載されていまして、もしこの案が実際に採用されていたら2chあたりで伝説的な扱いをされたのではないかと若干残念に思う今日この頃です。


そんなわけで私の中では3より評価の高いドラクエ2。
今からロンダルキアへの洞窟に旅立ちます。
posted by 千鳥足 at 23:05| Comment(0) | TrackBack(1) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月13日

FF10

ニート生活が残り3日となりました。千鳥足です、こんばんわ。時間よ止まれ…。

FF10をようやくクリアしました。
『いつでもクリアできます状態』から70時間ほど無駄な育成を行っておりまして、HP80000以上、各ステータスがほぼ255を極めた7人の殺人旅行もついに終焉を迎えました。
散々「ギャル路線」だの「声がキモい」だの「田代まさしがでてこない」だのと文句を書きましたが、エンディングでは不覚にも涙を流す始末。ちょっと感動的なワンシーンがありまして、そのおかげで急にランクが上がってしまったFF10ですが、キャラを育てすぎたせいでラスボスが一瞬に消え去ってしまったりと、別の意味でも涙が出そうなゲームでした。
なにはともあれ、ニート中に無事にクリアできて良かったです。
posted by 千鳥足 at 02:00| Comment(0) | TrackBack(1) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。